スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

ALWAYS 続・三丁目の夕日

続・三丁目の夕日は
お互いに支えあって苦楽を乗り越える仕組みの在った時代の
一瞬をうまく切り取った作品だと感じました。

けして、深いわけではない人間関係ですが「助け合う」の気持ちが
根底にあるので

困っている人がいる → 自分に今出来ることをする

自分が困っている → 誰かが助けてくれる

「助けてくれる」はお金だけではなく、食べ物であったり、宿だったり
おせっかいな言葉だったりします。

今の社会では「おせっかい」は好まれない人の気持ちですが
「おせっかい」だと恐れず、周りの人達に助けの手を差し出せば
その「おせっかい」で乗り越えなければいけない壁を乗り越える為の
小さな代一歩を踏み出せる人が一人はいます!

沖縄の言葉に「ゆいまーる」という言葉があります。

---- P R -------------------------------------------------------

「パパママ夢コーチング」http://www.dreamcoaching.jp/

このプログラムは、育児中のパパママに為のコーチングです。
例えば、 こんな悩みのある方におすすめです。

□ 職場の事 □育児の悩み □ご近所付き合い
□自分の夢の実現 □嫁姑問題         など


| 思うように行かない時に | 14:45 | comments(0) | -

キャスト アウェイ

トム・ハンクス,ヘレン・ハント,ニック・サーシー,ジェニファー・ルイス,ジョフリー・ブレイク,ロバート・ゼメキス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この映画に出てくる「ウィルソン」と言う存在を
SOHOで仕事をしている方々をコーチングしている
自分に重ねて観てしまいました・・・。

「ウィルソン」=「コーチ」としてご覧になってみてください!

自分の考えや、思いを「誰かに」話しながら体系立てていく。

無人島で4年間一人で行き続けられたモチベーションは
「ウイルソン」という名コーチがいたからですね!

そして、死んでしまうかもしれない大海へ小さな手作りボートで
こぎ出す勇気をくれたのも「ウイルソン」です。

何かをやり始める勇気や、やり続けるモチベーションは
一人では持つことは出来ません。

いつも、「誰か」「何か」に私たちは背中を押されて
それらを手にします。

会社を退職し、一人で自分の夢を叶えるために起業する人
自分の家や小さなオフィスで自分の夢を信じ続ける人

この映画を観て「ウイルソン」が自分にもいたらなぁ。。。

と感じた方は是非コーチングをお試しください!

-----< P R >-----------------------------------------------------------

SOHOの方々を「ウィルソン」のように支えるコーチングは

       SOHO支援プログラム

-------------------------------------------------------------------------

| モチベーション維持 | 19:45 | comments(0) | -

MEN of HONOR

MEN of HONOR
監督 ジョージ・ティルマンJr.
発売元
二十世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン株式会社

主人公のカール・ブラシアがアメリカ海軍史上初の黒人ダイバーに成り、任務中に片足を失った後も義足で任務に復帰9年間も現役で有り続けた実話です。

コーチング的ポイント

1)失敗し続けても諦めずに目的に向かって前進するモチベーションを維持させた存在は?

2)何を最優先にするか?

以上を頭の片隅に置きながらご覧になってみては?

-------P R------------------------------------------------------------------
SOHO支援プログラム
転職前の自分力UPプログラム
職場コミュニケーション支援プログラム

オーディションコーチング
パパママ夢コーチング
夢を叶える自分力UPプログラム




JUGEMテーマ:映画


| モチベーション維持 | 20:47 | comments(0) | -

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション

評価:
ユアン・マクレガー,アルバート・フィニー,ビリー・クラダップ,ジェシカ・ラング,ヘレナ・ボナム=カーター,スティーブ・ブシェミ,ダニー・デビート,アリソン・ローマン,ティム・バートン,ダニエル・ウォレス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
私達は色々なことに迷って生きている気がします。

友人、上司、部下、親、夫や妻・・・さらに
科学的事実、宗教的事実、文化的事実などなど。

色々な視点が私達の周りには存在します。

それらの視点によって自分が直面している状況を
判断しようとします。

もちろん、個々の状況によってそれぞれの事実として
判断を下さなくては社会生活が成り立たない場合は多々あります。

しかし、私達が見なければいけないことは「真実」です。

「真実」は私達自身で創り上げるものです。

自分自身の本当の価値観をもとにして。

何が、自分にとってもっとも大切なのか?

それぞれの「事実」と自分自身の中で唯一の「真実」を
区別して物事を考えることができれば・・・

「判断」が楽になるような気がしますが。


しかし、自分がどこに価値を置いていたか?置いていきたいのか?は
日々の生活の中で、あなたの心の置く深くに押し込まれてしまっています。

それを掘り起こし光をあてゆっくり向き合いながら明確にして
作り上げていくものです。

私たちが運営している「パーソナルビジネスコーチング」では
この視点を大切にしながら「価値観」を明確に創り上げていくことを
目指したコーチングを行っています。

是非一度、お試しください。

自分力を活かすコーチング:スタンドフィールド

| 判断に迷ったら | 17:13 | comments(0) | -

<< | 2/2pages |